ブログトップ

9の日スタンディング★ちがさき

chi9sta.exblog.jp

「原発のない社会&九条がある社会」を次の世代に!

二人芝居「子どもが少国民といわれたころ」

「特定秘密保護法」が強行的に可決されました。
市民の多数が危惧を抱き、慎重審議を求め、国会を数万人のデモが
取り囲み、絶対反対のコールを連呼している中での可決でした。
これはもう暴走ではなく、独裁と言っても良いでしょう。
a0302876_10283363.jpg

この独裁政権は、集団的自衛権の行使、海外での武力行使、武器輸
出などを禁じてきた戦後日本の「国の在り方」を根本的に変えようとしています。
その先にあるのは、憲法九条「改正」、国防軍創設でしょう。

私たちは主権者として、危機感をもってこれからを生き、
「市民の声が反映する民主的な社会、
憲法九条が輝く真に平和な社会」
を築き、
子どもたち・孫たちに渡さなければなりません。



a0302876_12413794.jpg

子どもたちといろんな年代の大人たちが一緒にこのお芝居を見ることで、
戦争を考えたり、平和について話し合え
るきっかけ
になればと思い、
劇団風の子・創立60周年作品「子どもが少国民といわれたころ」を
地元茅ケ崎で公演することにしました。
お子さん連れで、また若い世代の人たちが仲間と一緒にご覧になって
くださることを期待し、心からお待ちしています。もちろん、ベテラン世代
の方々も大歓迎です。世代を超えた交流の機会
なれば素晴らしいと思います、皆さまご参加ください。


 (劇団風の子OBによる)
  二人芝居「子どもが少国民といわれたころ」
    劇団ホームページ・作品紹介
 [注] 少国民(しょうこくみん)は、日中戦争から第2次世界大戦ま
     での日本において、銃後に位置する子どもをさした語である
     ≪wikipedia≫
 日時; 2014年2月11日(火・祝) 14時~15時半
 会場; 茅ケ崎市福祉会館ホール(3階)

       [住所] 中海岸2-2-42 [電話] 0467-85-3347

◆ 主催; 「子どもが少国民といわれたころ」を観る会
       [代表] 岡本信子 ひばりが丘1-61 0467-26-7290
◆ チケット; 年内に販売開始(続報をお待ちください)

a0302876_1243555.jpg

秘密法廃止!平和を築く力を!
[PR]
by chi9sta-1307 | 2013-12-09 10:15 | スタンディング以外の企画 | Comments(0)