「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

9の日スタンディング★ちがさき

chi9sta.exblog.jp

「原発のない社会&九条がある社会」を次の世代に!



                ムーミンの作者トーベ・ヤンソンは1914年にフィンラン
                ドで生まれ2001年に亡くなっている。芸術家の両親のも
                と、自由な環境で育てられ、15歳から政治風刺雑誌「ガ
                ルム」で挿絵を描き始めた。彼女は1930年代から戦後ま
                で、同誌に数百点もの反戦の風刺画を寄せているという。
a0302876_1850159.jpg


まえがき           童話屋編集子

 五十年前、地球は青かった。だが子どもたち、いまぼくたちが住んでいる
地球は、ガガーリンが見た青よりも、心なし、くすんで見えないか。
 ここ百年、資源の浪費と戦争の惨禍で地球はへとへとだ。もうこの辺で止め
ないと、千年はおろか百年だって地球はもちそうもない。

 ぼくたちにできることは、三つある。一つは、浪費の抑制地球は宇宙に
浮かぶ小さな星だ。太陽光のほかにはよそから何も供給されない。みんなで
分け合って少しずつ使うしかない。二つ目は大自然と共生すること。人間が
生きるためには他のいのち、植物や動物たちと手をとり合って暮らすことが
大切だ。地球上のいのちは、巨大な生態系を形成して、億という年月をかけて
悠久の循環をくり返し、一瞬もその営みを止めることはない。三つ目は、世界
中の国の七十億の人間が、民族や宗教やイデオロギーの対立を超えて、平和に
共存
する道を探ることだ。
人間は過去の世紀で愚かな戦争に明け暮れた。戦争
は多くのいのちを奪い、幸せに生きる人たちの人生を破壊した。そして微妙な
バランスに立つ地球の生態系循環を狂わせた。

 この「新しい憲法のはなし」は「日本国憲法」が公布された翌年に、文部省
が作った中学一年用の社会科の教科書を復刊したものだ。「日本国憲法」には、
人が正しく生きる道が書かれている。人はだれも差別されずに平等であり、
自由であり、幸せに一生を送る権利があると説いている。民主主義と国際平和
主義が、この小さな地球の上で人類が生き残ることのできる唯一の道だという
ことを、この教科書からぜひ学んでほしい。
 未来の子どもたちにこの青い地球を遺していこう──そうぼくたちが決心し、
勇気ある行動をとれば、
地球は悠久のいのちの星として、青く輝き続けるだろう。

《童話屋・2001年2月26日初版発行・「あたらしい憲法のはなし」から転載》



               (写真・真中の赤地のデザインの本が
               上記に引用した童話屋「あたらしい憲法のはなし」)
a0302876_18514597.jpg

[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-11-23 19:55 | スタンディング以外の企画 | Comments(0)

先ずは、朝日新聞・湘南版《2014年10月11日付(29面)》に載った
小さな記事をご覧ください。

a0302876_101119.jpg

さて、この間
「ノーベル平和賞」をどのようにとらえる?
かについて、少しつぶやいた内容を印しておきます。


その1◆10月7日(スタンディングの呼びかけの中で)
a0302876_1041313.jpg

その2◆10月9日(スタンディングの報告、ここで取材を受けました)
a0302876_104335.jpg

その3◆10月10日(「ノーベル平和賞」発表を聞いて)
a0302876_1045331.jpg

その4◆10月11日(朝日新聞の記事の紹介)
a0302876_1051220.jpg


140字で表すには難しいテーマでした(誤解も生まれたかも知れません)。
[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-10-11 10:23 | 報道記事 | Comments(0)


記事の掲載が遅れましたが、2014年9月9日に、
「9の日スタンディング」への
参加者累計が5000人を超えました!


a0302876_7151291.jpg

               お二人の記者とは、このスタンディングを開始直後から取材を
               続けてきたベテラン記者と、現在この地域を担当している
               お若い記者のお二人です。



…そして、9月19日の神奈川新聞にこの記事が載りました。
有難うございます。

         (↓↓↓ この画像をクリックして別画面に移行し、
         拡大鏡マークをクリックすると、うんと読み易いサイズになります)

a0302876_71757100.jpg

[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-09-21 07:24 | 報道記事 | Comments(0)

               (前回、2014年8月29日のスタンディングの様子…
                     友人に頼まれて、何やら探し物をしている私)
a0302876_15584878.jpg


次回、9月9日(火)に、「9の日スタンディング」への累計(延べ)
参加人数が5000人を超えます。


10年間の、参加人数の推移を整理してみました。
際立って目立つのは、
10年目にして参加が大きく増えていることです。


「311」以降の新しい世代の参加と、2012年衆院選 &
2013年参院選結果と、原発再稼働や秘密法・集団的自衛権行使などへの

危機感の表れと言えましょう。

a0302876_90452.jpg

この国の行方を決める大切な時代が続きます。

[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-09-06 16:17 | 通常スタンディング | Comments(0)


ささやかな行動でも…
10年の単位で積み重ねると、意外に大きくなります。

1000人達成(1002人) ⇒2005年8月29日・No.60
───── 済みません、写真が見当たりません ───────

2000人達成(2010人) ⇒2007年11月19日・No.138・「甘酒」で乾杯
a0302876_9104334.jpg

3000人達成(3009人) ⇒2010年5月29日小雨・No.227
a0302876_911385.jpg

4000人達成(4006人) ⇒2013年2月19日雪・NO.324・「スープ」で乾杯
a0302876_9123736.jpg


2003年12月29日にスタートした「9の日スタンディング」は、毎月3回の
意思表示行動を10年8カ月欠かさずに行い、延べ参加人数が間もなく
5000人に達します。
予定は9月9日、偶然ですがお目出度いとされる「重陽」に重なります。
その日は、「ジュースで乾杯!」したいと思います。

単なる通過点に過ぎませんが、区切り良い達成のスタンディングですから、
何時もの倍位は集まると良いなと思います、
皆さま、どうぞご参加下さい。

◆ 「9の日スタンディング★ちがさき」No.379
◆ 9月9日(火)17~18時、乾杯は17時半の予定
◆ 茅ケ崎駅北口ペデストリアンデッキ

◆ 「原発のない社会・九条がある社会を」のぞみ・めざす人なら何方でも、
初めてでも、短時間でも、ご自由にご参加ください。「参加はちょっと…」と
思われる方は励ましでも眺めにでも構いません、気楽にお越しください。


a0302876_9533679.jpg

   日本国憲法第12条 
   この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
   国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。

   (以下暑略)

   日本国憲法第21条
   集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
   検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-08-23 09:54 | 通常スタンディング | Comments(0)


友人からのリポート「誰もあきらめてはいない・
辺野古の現状」をお知らせします。
ぜひお読みください。


a0302876_18411881.jpg

a0302876_18423592.jpg


   以下の文字はこの画像をクリックし、新たな画面で拡大鏡マークを
   もう一度クリックすると、もう少し読み易くなります。

a0302876_20115582.jpg

a0302876_20115213.jpg

a0302876_20132574.jpg



現地の様子が、正しく&良く分かるブログ
辺野古浜通信・これ以上基地はいらない…辺野古の座り込み
今日の辺野古・ヘリ基地反対協議会のブログ


(このリポートを書いた友人は、「新宿西口スタンディング」の常連さんで、
茅ケ崎の「9の日スタンディング」にも3回参加されたことがあります。)
[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-08-21 19:26 | スタンディング以外の企画 | Comments(0)
先の記事で、
「九条の会・ちがさき」のNEWSに記事が掲載されました。
とお知らせしました。これは NEWS No.99 でした。

今回は、
NEWS No.100 に掲載されました。
この NEWS No.100 は「九条の会・ちがさき」10周年の記念号として
発行されたもので、10年前を振り返って原稿を寄せた10人のメンバー
のうち、私を含めてですが、半数の5人の人が「9の日スタンディング★
ちがさき」に触れていました。感慨深いものがあります。

先の記事と同様に、「9の日スタンディング★ちがさき」を理解していただく
上で意味がありそうですから、ご紹介させていただきます。

          *******************

「九条の会・ちがさき」 呼びかけ人・岡本棟守

 先ずは信子さまのご平安を念じます。昨29日夕はごくろうさま
でした。口コミで多くの連帯あり、良かったですね。さて折からの
夕景に釣られて”夕焼け小焼け…”を口ずさみつつ、次の句が
浮かびました。 
   ♪ 戦争終わって生れ出た 憲法我らの宝です 
    お手手繋いで護りましょう 憲法九条護りましょう
…次回から皆で大合唱できればうれしいなと思っています━━
これは、地元の先輩・小川野伏さんから、私に届いた手紙の一節
です(カミサンが肺癌で入院中で、「9の日スタンディング」を始めた
翌日のことでした)。

 小川さんを中心に毎回合唱をし、スタンディングの参加者は団結
を深めました。それから半年後、著名人「九条の会」がアピールを
発表され、スタンディングをしながら皆で話し合いました。「私たちと
同じだね」「世間が追い付いてきたね」「九条の会も結成しますか」。
このような下地がありましたから、神奈川でも一番最初に発足でき
たのでした。



   (写真は、2004年1月9日第2回スタンディングの様子です。
    イラク戦争反対の横断幕、背景はルミネ、10年前ですから。
    右端が上記の文中に登場する地元の先輩・小川さんです)

a0302876_2155877.jpg

[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-04-09 20:16 | 通常スタンディング | Comments(0)

先に、「10周年」が報道されたことはお知らせしました。

今度は、地元の「九条の会・ちがさき」から「10周年の感想」を求められ、
書いた一文が、─NEWS No.99(2014年3月発行)─の記事として
掲載されました。
「9の日スタンディング」を理解していただく一助になりそうですので、
全文をご紹介させていただきます。

          ********************

一人ひとりの意思表示が求められる時代
「9の日スタンディング」呼びかけ人・岡本棟守

 ◆ 「9の日スタンディング」をご存知でしょうか。毎月9・19・29日の
夕刻1時間、茅ケ崎駅北口ペデデッキで、「輝け憲法九条」をアピール
している市民個人としての意思表示行動です。

 ◆ 2003年12月、ブッシュが「イラクが大量破壊兵器を隠している」
との虚偽で始めたイラク戦争に、小泉純一郎が「自衛隊がいるところが
非戦闘地域」との欺瞞でイラクに自衛隊を派遣した事態が許せません
でした。戦争をする国に突き進む政府に対して、市民一人ひとりの意思
表示が求められていると感じ「一人でも10年は続けよう」と始めました。

 ◆ 半年後の2004年6月、著名人九氏が──憲法九条を激動する世
界に輝かせよう、一人ひとりができるあらゆる努力を──との「九条の会」
アピールを発表し、7000を超える草の根の九条の会が生れました。
今では憲法九条をアピールする行動は全国に無数に拡がり、その結果、
「憲法を変えない」が「憲法を変える」を15年ぶりに上回る(読売新聞
2008年報道)という重要な世論転換を実現しました。また、自衛隊の
イラク派遣は憲法九条に違反するとの名古屋高裁の判決(後に確定判
決)の背景となりました。

 ◆ 2011年3月、福島第一原発事故の発生以降は「さよなら原発」の
アピールを追加し(原発は原爆と同根、原発廃止は九条実現と同主旨
との理論的整理を行い)、現在のメインスローガンは「原発のない社会・
九条がある社会を次の世代に」となっています。「9の日スタンディング」
は、昨年末に満10年を経過し、今年1月末までに358回連続で行われ、
通算4655人の市民がこの行動に参加し、この場で「九条の会・ちがさき」
への賛同者になった方が170人を数えます。また、ベテラン・子育て・
中高生の各世代が参加し、経験等の違いを越えた幅広い市民の交流と
連帯を深める場となっています。


          (写真は2014年1月19日第357回の様子)
a0302876_11411562.jpg

【注】連続358回について。私の提出原稿が間違えていたため、NEWS
には「348回」と記載されました。NEWS発行後に気付きましたので、
このBLOGでは正しい「358回」に訂正させていただきました。
なお、通算参加人数は間違いありません。
[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-03-07 11:57 | 通常スタンディング | Comments(0)

劇団風の子OBによる・二人芝居
「子どもが少国民といわれたころ」好評でした。


提出されたアンケートを生のままお知らせします。


文末に追記してありますが、
この日の公演への入場者数は、一般170人・小中高生12人・
計182人でした。
有難うございました。
アンケート提出者は、小中高生・大学生・20・30・40・50・60・
70・80代と文字通り全ての世代にわたっています。
心からお礼申し上げます。


a0302876_1495037.jpg

a0302876_1410874.jpg

a0302876_14102829.jpg

a0302876_1410507.jpg


以上。
[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-02-17 14:16 | スタンディング以外の企画 | Comments(0)

11日に!茅ケ崎で公演
劇団風の子OBによる・二人芝居
「子どもが少国民といわれたころ」


a0302876_7212595.jpg

11日の公演には、この作品を監修された山中恒さん、この作品の
作・演出をされた向後俊一さんがいらっしゃる予定です。
終演後の出演者との交流会も含め、
「子どもが少国民といわれた」…あの、おろかな時代・おろかな歴史を
みんなで学びましょう。

◆メール予約も受け付けています。
こちらのページをご覧ください。


[PR]
# by chi9sta-1307 | 2014-02-09 07:21 | スタンディング以外の企画 | Comments(0)