「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

9の日スタンディング★ちがさき

chi9sta.exblog.jp

「原発のない社会&九条がある社会」を次の世代に!

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


先に、「10周年」が報道されたことはお知らせしました。

今度は、地元の「九条の会・ちがさき」から「10周年の感想」を求められ、
書いた一文が、─NEWS No.99(2014年3月発行)─の記事として
掲載されました。
「9の日スタンディング」を理解していただく一助になりそうですので、
全文をご紹介させていただきます。

          ********************

一人ひとりの意思表示が求められる時代
「9の日スタンディング」呼びかけ人・岡本棟守

 ◆ 「9の日スタンディング」をご存知でしょうか。毎月9・19・29日の
夕刻1時間、茅ケ崎駅北口ペデデッキで、「輝け憲法九条」をアピール
している市民個人としての意思表示行動です。

 ◆ 2003年12月、ブッシュが「イラクが大量破壊兵器を隠している」
との虚偽で始めたイラク戦争に、小泉純一郎が「自衛隊がいるところが
非戦闘地域」との欺瞞でイラクに自衛隊を派遣した事態が許せません
でした。戦争をする国に突き進む政府に対して、市民一人ひとりの意思
表示が求められていると感じ「一人でも10年は続けよう」と始めました。

 ◆ 半年後の2004年6月、著名人九氏が──憲法九条を激動する世
界に輝かせよう、一人ひとりができるあらゆる努力を──との「九条の会」
アピールを発表し、7000を超える草の根の九条の会が生れました。
今では憲法九条をアピールする行動は全国に無数に拡がり、その結果、
「憲法を変えない」が「憲法を変える」を15年ぶりに上回る(読売新聞
2008年報道)という重要な世論転換を実現しました。また、自衛隊の
イラク派遣は憲法九条に違反するとの名古屋高裁の判決(後に確定判
決)の背景となりました。

 ◆ 2011年3月、福島第一原発事故の発生以降は「さよなら原発」の
アピールを追加し(原発は原爆と同根、原発廃止は九条実現と同主旨
との理論的整理を行い)、現在のメインスローガンは「原発のない社会・
九条がある社会を次の世代に」となっています。「9の日スタンディング」
は、昨年末に満10年を経過し、今年1月末までに358回連続で行われ、
通算4655人の市民がこの行動に参加し、この場で「九条の会・ちがさき」
への賛同者になった方が170人を数えます。また、ベテラン・子育て・
中高生の各世代が参加し、経験等の違いを越えた幅広い市民の交流と
連帯を深める場となっています。


          (写真は2014年1月19日第357回の様子)
a0302876_11411562.jpg

【注】連続358回について。私の提出原稿が間違えていたため、NEWS
には「348回」と記載されました。NEWS発行後に気付きましたので、
このBLOGでは正しい「358回」に訂正させていただきました。
なお、通算参加人数は間違いありません。
[PR]
by chi9sta-1307 | 2014-03-07 11:57 | 通常スタンディング | Comments(0)